笠森観音
 
笠森観音は、正式名称を「天台宗・別格本山 笠森寺」
と称し、延暦3年(784)伝教大師 最澄上人が楠の
霊木で十一面観世音菩薩を刻み山上に安置し、開基
されたと伝えられています。
観音堂は長元元年(1028)後一條天皇の勅願により
建立され、その建築様式は日本唯一の「四方懸造」
として明治41年(1908) 「国宝」に、その後昭和25年
(1950) 「文化財保護法」の制定により 「国指定重要
文化財」 となっています。
周辺の山々は「県立笠森鶴舞自然公園」に指定されて
おり、特に観音山は昭和45年 (1970) 「国指定天然
記念物笠森寺自然林」 として保護されています。
また笠森寺は 「坂東三十三観音札所」の第三十一番
札所として古来より巡礼の霊場となっています。
 
Kasamori-Kannon
 
  Kasamori-Kannon, formally named "Tendaishu
Bekkaku-Honzan Kasamori-Ji(Extra-StatusCathedral
of Tendai Sect Kasamori-Ji Temple),"  was
founded by Saicho ( the founder of the Tendai Sect)
in 784 A.D. with an image of an eleven-faced Kannon
(Goddess of Mercy) enshrined at the top of the mountain.
Kannon-Do (the temple dedicated to Kannon), being a
sole structure in Japan in a style called "Shiho
Kakezukuri", was build by the direct order of Emperor
Gichijo in 1028 A.D., and is registered as national
important cultural property. The surrounding mountains
are designated as natural park area by the prefectural
government. Especially, the natural forest of the mountain
on which Kannon-Do stands is protected as precious
natural product by the national government.
* Remove shoes when entering Kannon-Do.